東京玉川クリニック草津院での医療脱毛、その料金はこれくらい

脱毛部位 1回料金 ツルツルプラン
1,女性顔脱毛 ¥8,800+税 5回
顔 全体 ¥39,600+税
2,両ワキ ¥3,700+税 7回
ワキ全体のムダ毛 ¥12,950+税
3,両ヒジ上 ¥8,800+税 5回
腕の付け根〜ヒジ半分 ¥39,600+税
4,両ヒジ下 ¥8,800+税 5回
ヒジ半分〜手首 ¥39,600+税
5,両手の甲 ¥3,700+税 5回
手の甲全体のムダ毛 ¥16,650+税
6,両手の指 ¥2,600+税 4回
指全体のムダ毛 ¥9,360+税
7,胸全体(胸部) ¥15,600+税 6回
鎖骨〜バスト下ライン ¥74,880+税
8,乳輪周囲3cm ¥3,700+税 5回
乳輪から半径3cm以内 ¥16,650+税
9,おなか(腹部) ¥15,600+税 5回
バスト下ライン〜ウエストライン ¥62,400+税
10,へそ周囲3cm ¥3,700+税 7回
へそから周囲3cm以内 ¥23,310+税
11,下腹部 ¥8,800+税 4回
ウエストライン〜下5cm ¥31,680+税
12,下腹部(中央部分) ¥4,700+税 4回
へそ下〜ビキニラインにかけて ¥16,920+税
(たてのライン、幅6cm以内)
13,うなじ ¥10,400+税 4回
生え際〜首の付け根 ¥37,440+税
14,背中全体 ¥30,600+税 4回
首の付け根〜肩〜ウエストライン ¥97,920+税
15,背中上部 ¥15,600+税 3回
首の付け根〜肩〜肩甲骨下ライン ¥42,120+税
16,背中下部 ¥15,600+税 3回
肩甲骨下ライン〜ウエストライン ¥42,120+税
17,Vライン ¥6,600+税 6回
¥35,640+税
18,Iライン ¥4,700+税 5回
陰部周辺の〜 ¥21,150+税
足の付け根まで(粘膜以外)
19,Oライン(肛門周囲) ¥3,700+税 4回
でん部割れ目〜 ¥13,320+税
肛門粘膜外〜Iライン下1cm
20,おしり(殿部) ¥15,600+税 3回
ウエスト〜ヒップ下ライン ¥37,440+税
(足を閉じた状態)
21,両太モモ(大腿) ¥21,400+税 5回
足の付け根〜ヒザのすぐ上 ¥85,600+税
22,両ヒザ(膝) ¥3,700+税 5回
ヒザ小僧全体 ¥16,650+税
23,両ヒザ下 ¥11,300+税 5回
ヒザのすぐ下〜足首 ¥50,850+税
24,両足の甲 ¥3,700+税 5回
足の甲全体のムダ毛 ¥16,650+税
25,両足の指 ¥2,600+税 4回
足の指全体のムダ毛 ¥9,360+税

東京玉川クリニックの脱毛ページでも料金の最新情報はチェックください。

 

うなじやおしりなど自分で手入れできない部位の歯がゆいムダ毛については、解決策がないままさじを投げている女子もめずらしくありません。そういう場合は、全身脱毛が良いでしょう。
自分にとって最適な脱毛方法を実践できていますか?店で売られているカミソリや脱毛クリームなど、多彩なお手入れ方法が存在しますから、肌質や毛質に合わせて選ぶことが重要です。
自宅専用脱毛器でも、根気よく脱毛をし続ければ、恒久的にムダ毛が伸びてこない肌をゲットすることが可能となります。長い期間をかけて、辛抱強く続けていただきたいです。
ワキ脱毛を利用するのに最適な季節は、寒い冬場から春までと指摘されています。脱毛作業には1年近くかかるので、この冬場から来シーズンの春までに脱毛するのが一般的です。
「除毛したい箇所に合わせてやり方を変える」というのはめずらしくないことです。ひじ下なら脱毛クリーム、デリケートゾーンならカミソリといった感じで、ベストな方法に変える必要があります。
部屋にいながらムダ毛を処理できるので、家庭向け脱毛器の人気は急上昇しています。2〜3ヶ月おきに脱毛サロンで施術してもらうというのは、日頃働いている方にとっては想像以上に難儀なものなのです。
ムダ毛の処理が全くいらなくなる段階まで、肌をツルツルの状態にしたいのであれば、1年間定期的に脱毛サロンでお手入れすることが必要です。ストレスなく通えるサロンを選びたいものです。
エステサロンは、いずれも「勧誘が強引」という心象があるでしょう。しかし、今現在は無理な勧誘は法に抵触するため、脱毛サロンに行ったとしても問答無用で契約させられるということはないと言ってよいでしょう。
女の人なら、過去にワキ脱毛の実行をリアルに考えたことがあるのではと思います。伸びたムダ毛の処理を毎回行うのは、大変面倒なものだからです。
VIOラインの脱毛など、たとえ施術スタッフと言っても他者の目に入るのはいい気がしないというパーツに対しては、プライベート向けの脱毛器を入手すれば、自分だけで心ゆくまで処理することができるでしょう。
肌がボロボロになる原因に挙げられるのがムダ毛のお手入れです。カミソリは肌を何度も削るようなもので、リスクが伴うわけです。ムダ毛に関しましては、永久脱毛によって完全に取り除いてしまう方が肌にとって有益だと言って差し支えないでしょう。
「親子ペアで脱毛する」、「友人と同時に脱毛サロンに通う」という方も多いようです。単身では続かないことも、誰かが一緒だと最後までやり抜けるのでしょう。
自分の手では除毛できない体の後ろのムダ毛も、余すところなく脱毛できるのが全身脱毛の利点です。ブロックごとに脱毛するわけではありませんので、全行程期間も短くて済みます。
最近の脱毛サロンの中には、学割サービスを設けているところも存在しているようです。会社勤めをするようになってから始めるよりも、日時のセッティングを行いやすい大学生時代などに脱毛する方が賢明だと思います。
一部位だけ脱毛するとなると、他の場所のムダ毛が余計気に掛かるという方が多いらしいです。それがあるので、最初から全身脱毛してしまった方がいいでしょう。